歯医者さん、どっちを選ぶか。

近所にある2件の歯医者さんが、とても対照的です。1件は古くからある歯医者さんで、先生もおじいちゃんなのですが、子供好きでとても優しく接してくれますし、治療に関してもわかりやすく説明してくれるので人気です。ただ、歯医者さんが入る建物が古く、なんとなく清潔感に欠けるのが気になります。器具や治療室はきれいにしている努力が見えますが、待合室はあまり座りたくないような椅子も・・・。もう1件の歯医者さんは、戸建てで新しい歯医者さんです。若い先生なので人当たりがよいかと思いきや、キビキビとしていて厳しい印象。治療もコメントも的確なのですが、子供にとっては怖い先生にうつるらしく、こちらを受診してから歯医者嫌いになってしまいました。そしてこちらの歯医者さんは治療費が高い印象です。前者の歯医者さんがリニューアルしてくれればと思うのですが、そんな要望を出せるわけもなく。子供を通わせるのは前者、自分は後者の歯医者と使い分けている状態です。

歯医者を選ぶときには身近なところがおすすめ?

歯医者を選ぶときには自分が通いやすいところにするということは知っておいてほしいです。歯医者というのはコンビニと同じくらいあるので、かなり身近なものです。だから、家の近所でも選択肢はあると言えると思います。歯の調子が悪い、虫歯になったかもしれないというときには、歯医者に通うことになりますけど、そのときに遠くの歯医者を選ぶと通うのが大変なのです。歯医者は1回で終わらないことも多く、治療を必要とするときには何度も通わないといけないことがあります。特に虫歯の場合には、思っていた以上に多く見つかる可能性もあるので、予想以上に長く通わないといけないことが考えられるのです。だから、電車などを乗り継ぐ必要性があるなどの遠い場所にある歯医者は通うのがしんどくなる可能性があるというのは知っておいた方が良いです。途中で嫌になってくるかもしれないことを考慮すると、治療方法が優れているなど、どうしても遠くにある歯医者が望ましいなどの特別な理由があるとき以外は身近なところを選んでおいた方が良いと思います。

歯医者での痛い思い出

子供の頃は鍵っ子だった私です。病院への通院も初診以外は一人で行けるように教育されていました。幸いな事に、近所に眼科も歯科も外科も揃っていたので特に不便な思いはしませんでしたが、歯医者に行く時は毎回ドキドキしてました。お会計が特に緊張してしまうんです。何千円か預けられてきているものの、もっと高かったらどうしようとか心配で治療より緊張でした。私が通っていた歯科医院は、当時の歯医者としてはキレイな建物でオシャレな作りでした。先生も何人かいるので治療時間はスムーズでしたし、特に悪い評判もなかったのでその歯科医院に長く通院していたんです。しかし、小学校高学年になってからその歯医者で治療された時に痛くて痛くて診療台の上で泣いてしまったんです。すると、担当の先生から「うるさい!泣くな」とビンタされた私。怖くて泣き止んだ私ですが、二度と通いたくないと親にお願いした思い出があります。後から聞いた話では新しく入った先生で、同じような事が続いたので辞めてもらったそうですが、もう時すでに遅しでその歯医者に通う人は少なくなりました。京都 歯医者